湘南ブギ★ウギ

Laugh, and the world laughs with you. Weep,and you weep alone. 日々の出会いを茶目っ気とユーモア、笑いで綴る…。

家の核になるもの

年末年始のてんこりのイベントに明け暮れすっかり「家づくり」の話をトボけていたが、通常モードに戻ったので再び〜。

空

 ”暮らす家”の核になるものを考えた。家づくりを何度か経験した私はデザインだけでは心地よい暮らしは実現できないことを悟った。(当たり前か〜?)
 人が気持ちよく居るためには、目には見えない良質な空気が必要なのだ。どこかのキャッチコピーではないが、”冬温かく、夏涼しい”のが理想的。それには湿度の安定が最も大事であるらしい。人間の皮膚は湿度によって温度差を感知する。たとえ真夏でも空気が乾燥しているとさほど不快感がないものだ。つまり、家の中の湿度を一定に保てれば、いつも快適に過ごせるわけだが、実はこれが結構難しい。

 今更言うまでもないが、日本には四季がある。季節ごとに温度も湿度も大きく変化するので、オールシーズン同じ湿度に保つというのは相当困難。北欧のように三層ガラスを窓に使い高機密住宅にすれば、冬は確かに温かいが夏は蒸し風呂。カビがウヨウヨ発生する。反対に夏の暑さ対策に高断熱で窓を大きくとって、通風のよい間取りにすれば涼しいが冬は寒い。突き詰めて考えると両方を兼ね備えた住宅というのは無理があるのだ。

 つたない知識の中で結論づけたのは、結局はどちらか一方に強い家にすること。ここが固まらなければ、間取りから設備までただの”お飾り”になってしまう。となれば、ここは湘南。しかも海からもほど近い。高温多湿であることを考えれば夏に強い家づくりを目指そう!

 この考えに辿り着くまでに、実はあまりに多くの”断念”が存在する。

 その1薪ストーブ。とにかくエコだし、エアコンのあのモアっと乾燥しきった空気にさらされないのがいい。実際にファイヤーワールドの東京ショールームに足を運んでみたら、その味わい深い炎の色と心地いい温かさがなんともいえず…。だが、まず費用の面で怖じ気づいた。ストーブ自体は選ぶ物によって、値段はピンキリ。だが、付随する煙突や壁や床の補強を入れると、最低でざっと100万円〜。しかも、一番の難題は薪の確保と置き場所。きちんと乾燥させた薪を手に入れるのは品薄で困難、しかもコスト高である。自分で薪割りして乾燥させるという手もあるが、肉体労働が何よりも苦手なオットではお話にならない。焼べること事態は女性にも簡単にできるようだが、これはオットの協力なしでは実現しないと断念。夏は活躍の機会がないしね…。
 
 その2、エコからはほど遠い高機密、高断熱の全館空調。こちらは、どの部屋もすべて一定の温度と湿度で管理できるという優れもの。空気中のアレルゲンや臭いまで取り去りながらいつもきれいな空気中で生活ができる。当然ハイコスト。様々な入手ルートを探ったが一切割引なしという強気な商売なため、こちらも当たり前だがあきらめました。とほほ。

 その3OMソーラー。エコな上にランニングコストも安い。ここも実際に使っているモデルハウスを見学に行った。たしかに、心地いい空気感だ。最近は軽量パネルが製造されているため、昔に比べると屋根の補強は簡単にはなってはいるが、やはり初期投資はなかなかの高額。それにあのダクトを通すための筒型が家の真ん中にずどーんとあるのが、どうしても許せません。だって、私は欲張りなんですぅ。”快適な暮らし”の条件には、空気の良さだけでなく見た目の美しさも欠かせないものだと思うから。

 かくして、どれもこれもあきらめながらも貫き通したものもある。

断熱材

 その一つは断熱材。コスト面を考えれば、量産されているグラスウールが最もリーズナブル。しかし、効果のほどもそれなりだ。気密性だけを優先するならウレタンフォームだが、これは原料が発泡スチロール。つまり石油。想像するだけで息がつまりそう?! 天然素材で理想的だったのは、羊毛断熱材。服のダウンを家に着させようなものだから、温かくて通気性もいい。しかし、これは完全に予算オーバー! で、最終的に収まったのはアメリカでは今やすっかりポピュラーなセルロースファイバー。木質繊維という天然素材をリサイクル紙から摘み取った紙なのでエコ。調湿効果から防臭、防音まで網羅しているその名もスーパーZ断熱工法。って、すごい命名(笑)

 もう一つは壁材。流行の珪藻土は防臭、調湿効果もあるが柔らかくちょっとのダメージですぐ傷になる。うちには大型犬3頭と4歳の暴れんぼ将軍がいる。同じ効果があってもう少し硬質なものをと選んだのがヴィーナスコート。美容に最適ς! コラーゲンたっぷりの卵の殻と火山灰を配合した自然素材。珪藻土と同様な効果プラス壁の亀裂や劣化も防ぐという。このネーミングも何だかな〜♪


 要するに、表からはまったく誰にも気づかれない所に一番お金かけたわけで(笑)。小規模だが、これが我家が最もこだわったポイントである。

コメント

またお邪魔します

目に見えない所って『何でも』重要ですね。お家に限らず。今日みたいな寒さは湘南でも辛いですから・・・。
寒さ対策の結果はいかがでしたか?

リリーさま>こんにちは! はい、目に見えない所、そう何でも重要ですよね。雪はほとんど降らないという湘南でも、1月はやっぱり寒いですね〜。で、断熱材の効果といえば、うちはリビングが吹き抜けなんですがそのわりには温かいと思います。まあ、ナケナしの予算で一応床だんも入れたのでなんとかしのげてます(笑)
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boogiewoogie.dtiblog.com/tb.php/13-e78457ae

 | HOME | 

Calendar

08 | 2017-09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Appendix

amo

author:amo

いつかは海辺で暮らしたい…。
それもできれば家から海が望めて、潮の香りと波音に耳を傾けながら穏やかな時間を過ごせたらーーー。
そんな漠然とした夢を抱いて、ふと気づけばもう人生も半ば過ぎ…。
あらゆる荒波に揉まれながら、今やっとここに辿り着きました。いい空気とおいしい食べ物、溢れる陽射しにパワーをもらいながら、日々の幸せを少しずつ紡いでいきたいと思っています。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks