湘南ブギ★ウギ

Laugh, and the world laughs with you. Weep,and you weep alone. 日々の出会いを茶目っ気とユーモア、笑いで綴る…。

あたたかい誘い


「オーライ、オーライ…。あっと、ハンドルまっすぐのままね。
はい、そのままバッグして」

「ぶすっ、ぶすっ、ぶっすすすすす…」

「だめだめ、それじゃふかしすぎ。じゃ、運転変わるよ。俺馴れてるから」

「はい、イッセイのせっ!」

   これが、湘南に住もう! と決めた決定的瞬間である。

  

 海辺の生活を漠然と考えていた頃、まだはっきりとエリアを限定できず、不動産屋に連れられるがままに関東近郊の海近物件見学をしていた。その日は湘南の辻堂。海から徒歩10分くらいの住宅密集地。接道は一方通行ではないものの車がすれ違うには結構厳しく、自家用車で見学へ行った私たちは車の置き場に困った。不動産屋のおじさんは更地になった物件場所を指して、
「ここに車を入れちゃってください」
 と軽〜く誘導。深く考えずに素直に車を入れた。
しかし、ここの地面は砂地。不動産屋の説明も一通り終わったところで、さて引き上げようと車のエンジンをかけたものの、タイヤが砂地に埋もれてまったく動かない…。

 ギアを入れ直し何度となくトライしたものの、やればやるほどド•ツ•ボ。

 すると、騒ぎを聞きつけたのかお隣のお宅でサーフボードの手入れをしていた青年とお向かいのおじさん(多分60代)が、まるで示し合わせたかのように颯爽と登場。片手にタイヤ下にかませる板とスコップを持ちながら。

 要領の良さもさることながら、その手際のいいこと。不動産屋と私たち夫婦3人でまったく歯が立たなかったのに、たった二人であっという間に車は路上に出された。

 お礼を言おうと近づくと、軽く手を振りながらまるで何事もなかったかのように元いた場所へ戻ってしまった。さも、当たり前のことをしたまでというごく自然な態度で。

 ここだ! もう湘南しかない! 私は心に決めた。

 世代を超えたフレンドシップ。見ず知らずの人でも助け合えるコミュニティ。海や緑が多いだけじゃない。ここには温かい人がいる。

 一人舞い上がっている私の横で、置いてけぼりを食った子供のような顔をしたオットは、その後に始まる湘南物件大捜索の日々などまったく気づいてはいなかった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boogiewoogie.dtiblog.com/tb.php/4-c4ba111e

 | HOME | 

Calendar

08 | 2017-09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Appendix

amo

author:amo

いつかは海辺で暮らしたい…。
それもできれば家から海が望めて、潮の香りと波音に耳を傾けながら穏やかな時間を過ごせたらーーー。
そんな漠然とした夢を抱いて、ふと気づけばもう人生も半ば過ぎ…。
あらゆる荒波に揉まれながら、今やっとここに辿り着きました。いい空気とおいしい食べ物、溢れる陽射しにパワーをもらいながら、日々の幸せを少しずつ紡いでいきたいと思っています。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks