湘南ブギ★ウギ

Laugh, and the world laughs with you. Weep,and you weep alone. 日々の出会いを茶目っ気とユーモア、笑いで綴る…。

話せばわかる、何事も。



 まったく土地勘もない私たちにとって、物件情報の入手はもっぱらインターネット。
地元で有名、無名に限らずあらゆる不動産屋の物件情報をネットで調べ上げた。しかし、アップされている情報はどれもカスばかり。値段が安ければそれなりに難があり、これぞ! と思われる物件は高値でとっても手が出ない。
物件を探したことのある人ならばご存知だろうが、広告やインターネットなど公になった情報は、ほとんが客引き用のオトリ。コンタクトをとって具体的な条件や予算を伝え、信頼関係を築いた頃にやっと奥の方からそっとおいしい物件が現れてくる。広告のチラシで一発勝利を得た人は?! よほどの幸運の持ち主。羨ましい限り…。

 宝くじさえ300円以上当たったことがない私として、情報は足で稼ぐしかない。埼玉から茅ヶ崎までの往復180km。一体どのくらい通っただろう。

ある日、コンタクトをとっていた不動産屋から一本の電話がかかってきた。

 「いいのが出ましたよ、買いますか?」

 「え? 見てもいないのに、買うかどうかなんて…」

 「じゃ、早く見に来てください」

 ガチャ。………。

 バーゲンの売り出しじゃあるまいし、そう簡単に決められる訳がないだろう。呆気にとられてしばらく呆然としたものの、気を取り直しその週末物件見学へ。


 
 そこは海から徒歩5分。接道は4.5mの南側道路で陽当たりは抜群。向かいはこちらを背にT路方の袋小路でどのお宅もまだ新しそうな家が建ってる。東と西はゆったりした隣家の庭、風も陽射しも阻むものはない。土地の形もほぼ整形だ。駅までの距離はちとあるが、歩いて歩けないほどでもない。

 「う〜ん、たしかにこれはいい」
 
 と心の中で呟いた。実は、数々の物件を見てきた私たちは多少学習をしている。ちょうどここを訪れる2ヶ月ぐらい前。ひとつとても気に入った物件があった。土地は形も大きさも申し分ない。接道は北側だが、南側の土地は開いていて、今後家が建つことがないとう。もちろん、海岸へは徒歩圏。おまけに安い! やっと出会えた理想の物件に私たちは舞い上がり早々話を進めていった。しかし、不動産に詳しい友人から一生の買い物なんだから決める前に何度か足を運び、近所を歩いて見て廻った方がいいよとアドバイスを受けて私たちは素直に従った。すると、最初に来たときには気づかなかったが隣家にヘンな立て看板が…。そこには誰にでも見えるほどの大きな文字で”セールスお断り””静かにしてください”と書いてある。今時たしかにしつこいセールスや騒音は多い。しかし、何もこれほど大きな看板を掛けなくても…。と思うほどの大きな文字である。

 「………ん、何かおかしい?!」

 速攻家に戻って、ここを紹介した不動産屋とは別に独自に調査をしたところ、やはり近隣トラブルが耐えないらしい。冗談じゃない、うちは3歳の子供と大型犬3頭もいる。物音ひとつ立てずに暮らせるわけがない。

 「パスだ! パス〜っ!」

 当然憤慨してこの不動産屋を問いつめた。すると、それは昔のことで今は問題はないからと小声でボソボソボソ。ここでこの不動産屋とはジ•エンド。すべて白紙に戻した。あとから知ったことだが、現在土地•建物の仲介業者は重要事項説明のときに、近所では誰もが知りうるような近隣トラブルがある場合はその内容を告知することになっている。だよね、あの布団おばさんみたいのがお隣だったら一生地獄だもの。物件お探しの皆さん、お気をつけください。

 というわけで、
「う〜ん、たしかにいい」と速攻飛びつきたい衝動に駆られながらもあのときの経験がブレーキをかけた。「のちほどお返事を」と何食わぬ顔で不動産屋とは現地で別れた。無論、今度こそドジらないために学習したことを実践しようというわけだ。家族3人でふらふら散歩するにもいい天気。海も近いし、のんびり周辺散策だー! と、歩き始めてみると見かける人たちは決まって片手にサーフボードか犬連れ。それも半端な数じゃない。これならうちのcrank犬たちでもイケるかも?と思っていた矢先、一人犬連れの優しそうな紳士に出会った。

 オットが何やら話しかけている。

「こんにちは、海に近くていい所ですね。この辺は犬を飼うにはどうですか? 」

「ええ、この辺では犬を飼われている方は多いですよ」

 と柔らかい会話。

 何を隠そう、この出会いこそが数々の競合を抑え「たしかにいい〜」この土地を購入できた勝因。なんとこの紳士が売り主さま
だったのだ。

コメント

すっかりフアンになりました!!ブログを読むのが楽しみなばばですが、コメントは初めて。楽しみが増えました♪

>forestさま
コメント第一号ありがとうございます。長い文章なのに、読んでいただけて感激です。励みになります。精進しますのでまた寄ってくださいませ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boogiewoogie.dtiblog.com/tb.php/6-2052af17

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Calendar

10 | 2017-11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Appendix

amo

author:amo

いつかは海辺で暮らしたい…。
それもできれば家から海が望めて、潮の香りと波音に耳を傾けながら穏やかな時間を過ごせたらーーー。
そんな漠然とした夢を抱いて、ふと気づけばもう人生も半ば過ぎ…。
あらゆる荒波に揉まれながら、今やっとここに辿り着きました。いい空気とおいしい食べ物、溢れる陽射しにパワーをもらいながら、日々の幸せを少しずつ紡いでいきたいと思っています。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks