湘南ブギ★ウギ

Laugh, and the world laughs with you. Weep,and you weep alone. 日々の出会いを茶目っ気とユーモア、笑いで綴る…。

厳しい予算のやりくり

 もともと、建築に興味があった私は使いたい部材や仕上げ材、設備などは夢に見るほどあった。

 建築家の先生との打ち合わせ中に、
「どんなものを使いたいですか?」
 と質問されるたびに、
「では…○△□★▲〜〜〜〜」
 と、言いたい放題の希望をぶつけ最初のうちは耳を貸してくれていた先生もそのうち”却下”の言葉させ聞こえなくなった。

 中でも窓は断熱の大きな要。木製窓でガラスはLOW-Eの複層でしっかり断熱、外枠は腐食やゆがみのないアルミ製で蝶番はデザインのきれいなものを。インポートものはデザインはいいけれど、メンテナンスに問題があるので国産がいい…。などと、寝言を言った訳で…。これをやると、窓辺一面だけで三桁のコストがかかり、図面上のすべての窓にこれをやると窓だけで4桁の数字。

 そう、我家の予算は土地代でほとんど消えていたのは忘れていたわけではありません。希望を聞かれたので、つい…でへへ。

窓
これってピクチャーウィンドと呼べる?

   
 それでも、言うがママの量産品を取り付けられるのは我慢できず、予算内で納得した物を! とインポート窓を扱うアウトレットショップから大手メーカーのトステムYKK APなどなど都内ショールームを渡り歩いた。

 これがけっこう面白い。アポイントをとり、図面を持って行くと担当者が一緒について、一通りの商品の説明をしてくれる。トステムにはキッズルームや食事所なんかもあって、ちょっとしたレジャー気分。子供も飽きずにいられるので、家族でじっくり窓選びをするのにいい。YKK APのショールームは品川駅という場所柄、建物のビジュアルもスタイリッシュ。中もまるでギャラリーのようなレイアウトと照明の演出でかっこいい。体感コーナーなんかもあって、ガラスの種類による寒暖の違いなんかもわかるようになっている。



 で、いろいろ検討した結果決めたのはykk apのテルモア2のシリーズ。本当はエピソードウッドのシリーズが使いたかったのだが、これまた予算の関係でダメだし。まあ、一応ペアガラスの断熱窓だし、同クラスのトステムのシリーズよりはデザインがいい。

 限られた予算内でどこを優先的にお金をかけるかーー。
最初に書いたように、今度の家は終の住処になる?!予定なわけだから、後からいじれるところは住みながら整えていけばいい。なので、リフォームできない基礎と柱、梁はしっかりしたものを。そして、断熱材と窓はケチらないのが正解だと思う。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boogiewoogie.dtiblog.com/tb.php/17-76c0ea90

 | HOME | 

Calendar

08 | 2017-09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Appendix

amo

author:amo

いつかは海辺で暮らしたい…。
それもできれば家から海が望めて、潮の香りと波音に耳を傾けながら穏やかな時間を過ごせたらーーー。
そんな漠然とした夢を抱いて、ふと気づけばもう人生も半ば過ぎ…。
あらゆる荒波に揉まれながら、今やっとここに辿り着きました。いい空気とおいしい食べ物、溢れる陽射しにパワーをもらいながら、日々の幸せを少しずつ紡いでいきたいと思っています。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks